キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 エンジンオイルについて : はじめてのバイク買取

エンジンオイルについて

はじめてのバイク買取

はじめてのバイク買取のメインイメージ

バイク買取査定に出す前にしおくべきポイントを紹介します。まずはエンジンオイルについてです。

エンジンオイルについて

バイク買取査定に行く前にしておいたほうが良いことを紹介します。

自分の愛車を手放すにしても、どうせなら少しでも高く売れたらいいな、なんて思いますよね。

バイクを持って行くのが面倒で近場のお店で済ませず、まずは中古車市場の相場を調べてみましょう。

そして大まかな査定額を調べておきましょう。

では、どのような状態の物が高くバイク買取されるのかそのポイントを説明していきます。

【オイル交換】

四輪自動車や大型バイクを除くと、バイクのメンテナンスはどうしてもおろそかにされがちです。

四輪自動車や大型バイクには車検が義務付けれているので定期的にメンテナンスをすることになります。

そしてツーリングやドライブをする人も多く、年間走行距離も長いということからオイル交換をする方が多くみられます。

それに比べ小排気量のバイクは車検精度もなく、自動車や大型バイクと違い長距離を走ることも少ないので購入してからメンテナンスをしないというケースが多いです。

長年エンジンオイルを交換していないとオイルは変色します。

ドロドロで真っ黒な状態にかわってしまったオイルは潤滑性能が損ないます。

この潤滑性能がない状態で査定に出すとエンジン寿命が短いと判断され、バイク査定でマイナスポイントになってしまいます。

なので、バイク査定のまえにはエンジンオイルをチェックして、残量や汚れもしっかりと確認し、できるだけオイル交換をしておくことをおすすめします。

手放すのに手間をかけるのは・・・と思うかたもいるかもしれませんが、エンジンオイルは車やバイクの命と言っても過言ではありませんのでお手入れをしておきましょう。

はじめてのバイク買取

Copyright harvestdine.com All Rights Reserved