名義人が違うバイクの売却

はじめてのバイク買取

はじめてのバイク買取のメインイメージ

バイク買取で登録証の名義が他人名の場合、実際の買取の手順はどのようになるのか

名義人が違うバイクの売却

もう乗らないオートバイを売りたいと思ったら、まず最初に年式、車種、走行距離、バイクのコンディション、登録証を確認して、バイク買取店などへ問い合わせをしましょう。

電話でもおおよその査定金額を教えてもらえます。

メールなどで問い合わせるという方法もあります。

実際に見て確実な査定になる前段階ですが、ある程度の目安にはなります。

バイク買取を決めたら、バイクのキー、車検証か登録証、自賠責保険証、身分証明書、印鑑を準備して買取りの手続きに入ります。

バイク買取では、バイクの名義を確認します。

名義というのは所有者のことで、車検証や登録証の所有者欄に記入されている氏名の確認になります。

というと、人から譲り受けたバイクや家族名義のバイクのまま自分が使っている場合は、売却ができないのかと心配になりますよね。

名義上他人の名前になっているバイクを売却する場合には、そのバイクを確かに譲り受けたという書類が必要になります。

譲渡証や委任状などと一緒に、名義人の免許証のコピーを準備しておけば、売却することができます。

まだローンが残っていて、ローン会社やバイク屋さんが名義人になっているというケースもありますよね。

その場合は、バイク買取店の方でローンの一括精算と所有権解除の手続きを代行してくれることがほとんどです。

いずれにせよ、所有権などで心配なことがあるなら、バイク買取店に相談しながら手続きを進めて行けば、間違いがないでしょう。

はじめてのバイク買取

Copyright harvestdine.com All Rights Reserved